サイトはどうやって選ぶ?

■こんな方法で決めよう

出会い系サイトを利用しようと思ってネットを検索しても、サイト数の多さにどのサイトを選んでいいのかわからないという声をよく聞きます。
サイトの数はその人気とともにドンドン増加していますし、それに伴いジャンルやカテゴリーなどが細分化されている傾向もあるのでなおさらでしょう。

サイト選びに迷ったなら、まずは口コミサイトやまとめサイトを参考にするのがおススメです。
口コミサイトは実際にそのサイトを利用した人の体験談などが書かれているので、サイトのいい部分やよくない部分などがわかりやすいと思います。
ただひとりや二人などの少数の意見で判断するのではなく、できるだけ多くの意見を参考にしましょう。
また、ほめてばかりあるサイトは「やらせ」の可能性があるので要注意です。
さらに、口コミが少ない、ほとんどないサイトは何か人気のない理由があるはずですから、避けたほうが無難かもしれません。

まとめサイトなら、複数のサイトの情報が一度に手に入りますから比較対象をするのに便利です。
サイト選びにこういった情報を利用するのもいいのですが、「裏ワザ」的な方法もあります。
それは、出会い系サイトの検索機能を利用することです。
サイトの中には、会員にならなくても検索機能の一部が利用できるところもあるので、そこで自分の希望する条件に該当する女性がいるかを検索するのです。

もしヒットしたなら会員登録して、実際にアプローチすればいいというわけです。
これで、サイトは気に入って登録したけれども気に入る女の子がいなかったといった「悲劇」を未然に防ぐことができます。

サイトを使い分ける

■それぞれにメリットとデメリットがある

出会い系サイトを利用する際に多くの人が悩むのが、有料のサイトと無料のサイトのどちらを選べばいいのかという点です。
有料サイトは会員から登録料や利用料などを徴収して、その収入でサイトを運営しています。
無料サイトは有料サイトとほぼ同じサービスを無料で利用できますが、サイトの運営のほとんどはスポンサーからの広告収入です。
それぞれのサイトにメリット・デメリットがあるのでどちらがいいかというのではなく、お互いのメリットを上手に活用することで出会いの確率を高めることができるはずです。

■どう使い分けるのか

サイトの使い分け方法にはいくつか考えられます。
まず、基本的に有料サイトを利用し無料サイトの比重は少なめという方法ですが、出会いを求めるのであればこれがおススメといえます。
一般的に無料サイトは機能性やサービスが有料サイトに比べると劣っている上に男性利用者が多いので、返事が貰える確率は低くなりがちです。
したがって、やはり有料サイトのほうが出会いの可能性は高いといえます。
しかし有料サイトばかりいくつも登録していては、金銭的に負担が大きくなってしまいます。
有料サイトをメインにして無料サイトを複数利用することで、出会いの機会を増やすのか効果的となります。
次は、逆に無料サイトをメインにする方法です。
出会いにあまり費用を掛けたくないという人におススメですが、有料サイトをメインにするよりは出会いの確率が下がってしまうかもしれません。
けれども無料サイトだけでは肝心の出会いを得る可能性が非常に少なくなってしまう恐れもあるため、有料サイトを外すわけにはいかないのです。
無料サイトでも出会いの可能性はありますし、有料サイトだから必ず出会えるというものではありません。
ですから、基本的な考え方として出会いの確率を重視するのか、それともできるだけ出費を抑えたいのか、自分の意思をはっきりさせることでどの方法が好ましいかが決まるのです。

恋愛におけるお互いの縛りについて

恋愛をする以上は、多少なりとも相手を縛ることになるわけです。
例えば、デートをするのであれば、その時間は相手を拘束することになるわけです。
もしお互いに付き合っていなければ、デートの時間をバイトや他の遊びに使えていたわけですから、それを犠牲にしてまでデートをするわけです。

また、デート以外にも相手とメールや電話をする時間なども、相手を縛っていることになっているわけです。
お互いの拘束無しして、恋愛というのは決して成り立たないのです。
1日の時間は24時間と決まっているわけですから、時間が決まっている以上はどこかを犠牲にしなければ恋愛はできないのです。

ただ、どの程度相手を縛るのか、どれぐらい相手を拘束するのかは、人によって違ってくると思います。
例えば、相手への縛りは必要最小限に留めて付き合う人もいるのです。

デートや食事はもちろんしますが、それ以外では必要以上に会ったりやり取りをしたりせず、自分たちの時間を大切にしながら付き合う人もたくさんいるわけです。

一方で、少しでも長く相手と一緒にいたい、できるだけ頻繁に会いたいと思う人は、それだけ相手への束縛も強くなるでしょうし、多くの時間を犠牲にしなければならないわけです。
場合によっては、自分の趣味も封印しなければいけないケースもあるかもしれません。

もちろん、それはそれだけ相手が好きだという現れでもあるわけですが、問題は相手がそれに納得しているかです。
もしかしたら、相手はそれだけの縛りに嫌気を差している可能性もあるわけですし、それによってお互いの関係が悪くなる可能性も十分あるのです。

したがって、恋愛における縛りに関しては、自分だけの都合で何とかなるものではありませんし、必ず相手の意思も尊重しなければならないのです。

恋愛中における男女の会話傾向について

デート中にしても食事中にしても、一緒に家で過ごしている時にしても、お互いに会話をしながら過ごすことになるわけです。
まさか、一緒にいるにも関わらず、ほとんど無言のカップルなんて滅多にいないでしょうし、頻度こそ違えど常に会話はしているわけです。

さて、恋愛中の会話についてですが、男女によって傾向は違ってくるでしょうし、もちろんその人のタイプや性格によっても会話傾向は異なると思います。

例えば、話すことよりも聞くことの方が多い人もいるでしょうし、逆にこちらが7割以上話していて、相手は3割ぐらいしか話さないというパターンもあると思います。

また会話内容に関しても、自分のことを中心に話す人もいれば、相手のことを色々と聞いて話す人もいるでしょう。
もちろん、その両方をバランス良く話す人もいるでしょうし、そこも人それぞれ違ってくるでしょう。

そして、感情的な話が多い人と、論理的な話が多い人もいると思います。
一般的に女性は前者、男性は後者のタイプが多いと思います。

そうなれば、会話に食い違いが生じることもありますし、それがきっかけで大喧嘩になってしまうケースもあるのです。
したがって、論理的に話すことが多いからと言って、そのような会話ばかりしてしまうと、逆にコミュニケーションが取れなくなる可能性もあるのです。
もちろん、感情的にばかり話してしまっても、全く会話が成り立たなくなってしまうケースもあるわけです。

男女の会話というのは、シンプルな面と複雑な面の両方を兼ね備えているので、なんの問題もなくスムーズに会話ができることもあれば、全く問題が解決できないまま会話が進んでしまうこともあるのです。

もっとも、これは男女の会話だけに限らず、自分とは違うタイプの人との会話では、常に生じる可能性があることですし、生きていく上では避けては通れない道だと言えるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ